レビトラ等は何歳まで使えるのか

レビトラは未成年は服用できませんが、成人であれば年齢制限はありません。
50代、60代といった中高年の方も現役で頑張るためにレビトラを服用しています。
ED治療薬とは、本来中高年にこそ必要な薬です。
20代、30代といった若い年代層は精力剤だけでカバーできることが多いです。
生活習慣に問題がなければ、40代くらいまではEDの発症を防げるのです。
しかし、誰もが規則正しい生活を送ることは難しく、生活環境の乱れによっては30代から発症する方もいます。
疲労やストレスの影響が出てきやすい40代になると、急激にED人口が増えてきます。
そのため、ED治療薬の利用者を見ると40代以降が圧倒的に多くなっているのです。

レビトラは性欲がある以上、何歳になっても使用できます。
ただし、体調や病歴、服用中の薬などの関係により、医師から服用を止められる場合もあります。
そのような場合は、個人輸入などの別ルートで入手するのも避けたほうがいいでしょう。
医師が服用しないほうが安全だと判断しているからです。

レビトラを服用中の方は、同時に生活改善をしたり、精力剤を服用したりして精力を高めておきましょう。
薬に頼ることなく十分に勃起できれば、医師から薬の処方を止められても大丈夫なのです。
ペニスは使わないと機能が衰えてくるため、立たないという理由で性行為から遠ざかるのが一番いけません。
少なくとも週に1回は性交渉を持つべきなのです。

レビトラは分割して服用することも可能です。
個人輸入で購入している方は、分割して2回分として利用することが多いです。
半錠にすると効果は弱くなりますが、副作用も半分になります。
半錠でも勃起できるようになったら、服用しないで挑戦してみましょう。

なぜ年を取ると勃起しにくくなるのか

勃起不全とされる人は、日本で現在1130万人います。そのうち40代が20%で50代が40%、60代で60%と年齢が上がるにつれて勃起不全の罹患者が多いです。その理由は、加齢だけでなく、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病にかかっている人が多くなるためです。生活習慣病は動脈硬化につながります。ペニスに流入した動脈が陰茎海綿体の静脈洞に流れてうっ血することで勃起します。よって動脈硬化による血管障害は、勃起を困難にする原因となります。また年を取ると男性ホルモンの分泌も減少します。男性ホルモンのテストステロンは、勃起時にペニスの血管を拡張して血流を良くする一酸化窒素を生成する作用があります。中高年になると、勃起不全の治療をあきらめがちですが、治療薬を正しく服用することで年齢に関係なく効果を実感できます。最も一般的な治療薬は、レビトラです。レビトラの有効成分である塩酸バルデナフィル水和物は、勃起阻害する5型ホスホジエステラーゼの働きを抑制します。バイアグラの次に誕生した薬ですが、バイアグラとの大きな違いは食事の影響をあまり受けないことです。食事で摂取した全てのエネルギーの30%が脂肪分でも効果が薄まりません。バイアグラの欠点をカバーするために開発されているので、バイアグラで効果がなかった人にも有効です。糖尿病を患っている人は、レビトラの方が効果が出やすいというデータもあります。持続時間は5~10時間で、服用する種類によって異なります。日本では5mgと10mg、20mgが認可されていますが、5mgは効果が低いので医療機関で処方されることは少ないです。レビトラは医師の処方か個人輸入で入手します。

レビトラはどのくらい身体に負担をかけるのか

レビトラは正しい用法で服用すればほとんど身体に対して負担をかけることはありません。なぜそのようにいえるのかというと、従来までのED治療薬にあった副作用の欠点を補うために開発されたのがレビトラだからです。そのため、従来までのED治療薬にあった副作用はレビトラには生じないということを知っておく必要があります。
そもそも、バイアグラのように初めて世界で発売されたED治療薬は勃起障害を一定期間を無くすことが出来るというメリットと引き換えに、身体に対して大きな副作用が残ってしまうというデメリットがありました。特に、バイアグラは世界で初めて流通したED治療薬という触れ込みもあったため、それを模倣した偽造品も多く発売されてしまったのです。ジェネリック医薬品として販売されている近年でも発展途上国などではそうした商品が混ざっていることがあるため、使うときには気をつけなくてはいけません。そして、こうした状況から詳しく説明が書かれていないバイアグラのジェネリックを利用することによって間違った服用方法をする人が後をたちませんでした。その結果、バイアグラを不適当な形で服用した人に対して大きな後遺症を残すことになってしまったのです。
レビトラはバイアグラの時代にあったこのようなデメリットを改善する目的で作られた薬であるため、少なくともバイアグラにあった副作用に関してはレビトラでは生じなくなってしまう。身体に対して負担をかけない薬であることからバイアグラのように食事をとることによってその効果が薄れることもありません。ただし、グレープフルーツだけはレビトラと異常な相性の悪さを持っていますのでこの点だけ注意をしておくことが大事です。

■おすすめのED薬と服用方法
レビトラの服用方法
■媚薬についてもっと詳しく知りたい方はこちら
女性用媚薬の効果
■性感染症治療薬の購入について
フォルカンのご購入はこちら
■医薬品の個人輸入代行サイトについて
シアリスを通販したい方は!

ページトップへ